未分類

保育士実習で【失敗しない】ための4つの方法。実習での必須アイテム

保育士資格を取得するためには実習を経験しますよね

(実習ってめちゃめちゃ厳しいイメージ・・・)
(先生たちにたくさん怒られてメンタルやられそう・・・)

そんな、これから保育士実習を控えている方に向けて、
保育士実習で失敗しないための3つの方法を解説します!

この記事を書いている私は、実際に保育士をしていました。
現役で働いている時に、数多くの実習生もみてきました。
実習生だった時の経験や
実習を受け入れる側の意見も含めてお伝えしていこうと思います( ^ω^ )

保育士実習で【失敗しない】ための4つの方法

とにかく質問する!

分からないことがあったらとにかく保育士に質問しましょう。

これは養成学校でも言われると思いますが、
まだ実際に働いた経験がない実習生は分からないことだらけなのは当然です。

養成学校で学んだ知識は沢山あると思いますが、
実際現場に出てみると知らないことだらけです。

「学校で習ったでしょう?どうしてわからないの?」
なんて言う意地悪な保育士はいません。質問したら答えてくれるし、教えてくれます。

未熟な実習生の時だからこそどんなことでも質問できるので積極的に質問してみてください

(そもそも自分が何をわかっていないのかもわからない・・・)
私もそう思っていました。

安心してください。保育士の先生たちは実習生がそう思っていることを分かっています。
(こんなこと聞いたらダメなのかな・・・)
(こんな質問したら怒られるかな・・・)
と不安になる気持ちも分かりますがこんな考えは捨ててください

そんなことを考えてモジモジしているくらいならとにかくまずは質問することが大切です。
モジモジしている方が怒られます・・・(T ^ T)

絶対にやってはダメなのが、よく分からないけどなんとなくでやってしまうことです
これをやってしまうと保育士の先生にめちゃくちゃ怒られます(笑)
自分で考えることも大切なのですが、はっきりと分からない時は確認しましょう

特に子どもの食物アレルギーに関することなど、
保育現場では、間違えてしまうと取り返しがつかなくなることもあるので充分に注意してください。

とにかく笑顔で元気よく!

(そんなの当たり前じゃん!笑顔なんて簡単!)
私もそう思っていました。

しかし、多くの実習生を見ているとあまり笑えていないんです。
本人は笑えているつもりなのでしょうが意外と不安な表情が消えないんですね・・・

私も実習生の時、保育士の先生に
「少し笑顔が足りないかな」と言われたことが何度もあります。

(私は一生懸命やっているのに・・・)と内心ムカつきました(笑)
実習生は考えることだらけで常に頭はフル回転ですよね。

それでもとにかく笑顔でいること

自然な笑顔は徐々に身につけていけば良いと思います。
私も保育士をやっているうちに気がつけば、笑顔で話すクセがつきました。

この習慣ができれば、保育中だけに限らずプライベートでも良い印象を持たれやすいですし、
笑顔が素敵な人って魅力的ですよね
異性からの印象も笑顔でいることで絶対に良いはずです!

日頃から意識しておくことで自分にもプラスになるので実践あるのみです!

子どもたちとたくさん遊ぶ

子どもたちは本当に元気いっぱいです。
体力も凄まじいです(笑)
実習中は体力的にも精神的にもきついと思いますが、
頑張って子どもたちに負けないくらい元気に遊びましょう!
実習生はとっても人気者です。
先生あそぼ〜!!」とたくさん近づいてきてくれるので一緒に元気いっぱい遊んであげてください。

ベテランになると保育中あまり動かない先生も多いですが
それは子どもたちをコントロールする知識が身に付いているから。
声掛けの仕方なども学んでおくと良いですね^^

しかし実習生のうちは思いっきり遊んであげましょう

園の先生たちにも好印象ですし、気に入られれば就職内定のお声が掛かることも^^

失敗を恐れない

実際、実習に行って現場での雰囲気を味わうと、
緊張もしますし、(失敗したらどうしよう・・・)
と心配になってしまいますよね。

指導案をきちんと考えていろいろ準備してきた活動。
思わぬアクシデントが起こることもあります。

私も、実習の時に【みんなで鬼ごっこをしよう】と活動を考え、
実行したところ、子どもたちはルールを無視して走り回り、
しっちゃかめっちゃかになってしまいました(笑)

保育士の先生に手伝ってもらって
子どもたちを落ち着かせることが出来たのですが、
その時の私は(保育士無理かも・・・子どもたち意味分からん行動するやん・・・)
と感じたことを覚えています。

でも、日々子どもと関わっていくうちに
(子どもはこういう動きをするかも)こう言ったらこう考えるかな)
と子どもの心理や行動がわかるようになってきました

実習生のうちは右も左も分からずに、失敗して当然です。
むしろ失敗した方が学べます

経験って本当に強い武器なんですよ^^

なので実習中は失敗を恐れずに一生懸命取り組むこと一番です。

実習は、日誌や指導案など本当に大変だと思いますが、
保育士の資格は持っていると必ず役に立ちます。

私は現在、保育士をしていませんが、
資格はずっと消えないし
またいつでもやりたくなったらできるし( ´∀`)・・・

と心の余裕を持てます。

実習がキツくて挫折してしまう方もいますが、
せっかくなら実習を軽く乗り越えて
保育士資格を取得しましょう( ^ω^ )

実習で役に立つもの4選


ここで、実習に行く際に役に立つ。
持ってて良かった〜と思った物を紹介します

可愛いエプロン

保育士といえばエプロンですよね

特に私は子どもウケ良さそうな可愛いエプロンを付けていきました

その時子どもたちに人気のアニメのキャラクターとかだとより良いです( ^ω^ )

「あ〜〜!!〇〇だ〜〜〜!!!♪( ´▽`)」と子どもたちが近づいてきてくれますよ

子どもたちの人気者になれればこっちのものです(笑)
最初に人気者になれればその後の実習もしやすくなります

まずは子どもの興味を惹きつけましょう

フェルトの人形

手作りのフェルトの人形なんかあると完璧です

私も動物の人形を作ってエプロンの中に忍ばせていました

これは保育学校で教えてもらったのですが、
先生たちにも褒められましたし、子どもたちからも好評でした^^

それを使って手遊びをしたりすると印象爆上がりです(笑)

ポケットに入るメモ帳

これは一番の必須アイテムです
実習はとにかくメモすることが沢山あります

実際働き出してからメモ帳を持ち歩いている保育士はあまりいませんが、
実習生のうちは持っておいて随時メモを取るようにしましょう

緊張と疲れでいろんなことが頭から飛んでしまいます・・・(笑)

特に他の先生の名前はメモしておいた方が良いです

子どもの名前は忘れたら聞けますが、先生の名前は何度も聞くと気まずいですよね・・・
私も人の名前を覚えるのがめちゃめちゃ苦手なので
特徴と名前をこっそりメモしていました

あまり失礼な特徴を書いていると、そのメモ帳を落としてしまった時に
相当気まずいのでご注意を(笑)

自分の着替え

保育現場では何が起こるか分かりません
子どもが急に嘔吐したり、お漏らししてしまったり・・・
服が汚れてしまったら着替えられるように替えの服を持っていきましょう
保育園に借りるよりも自分で準備していた方が
言うまでもなく印象が良いので色んな状況を予測して準備をしておきましょう( ^ω^ )