未分類

保育園と幼稚園の違い。預けるなら?働くなら?どちらのほうが良い?

子どもを預けたいけれど、保育園と幼稚園って何が違うの?
これから就職したいけれど保育園か幼稚園か迷っている・・・・

そのようなお悩みに元保育士の目線で解説していきます^^

保育園と幼稚園の違い


まず、保育園と幼稚園では、何が違うのでしょうか。
大きな違いを項目ごとにまとめてみました。

【預けられる時間】
保育園:朝から夕方まで(7時から19時まで)の約8時間。(延長保育を申請すれば8時間以上)
幼稚園:基本的に午前中から昼過ぎまでの約4時間。(幼稚園内での習い事があればそれ以上)

【預けられる子どもの年齢】
保育園:満0歳児〜満5児歳
幼稚園:満3歳児〜満5歳児。(園によっては満2歳児からOKなところもある。)

【預ける保護者の働き方の違い】
保育園:共働きの家庭が多い。
幼稚園:母親は専業主婦かパートの家庭が多い。

【働ける職員の資格】
保育園:保育士資格、保母資格(保育士資格と同じ)
※2003年以降は保育士資格を持っている人のみになったため、
保母資格だけしか持っていない場合は
保母資格を保育士資格に変更するための手続きが必要です。

幼稚園:幼稚園教諭免許(幼稚園教諭一種免許、幼稚園教諭二種免許、幼稚園教諭専修免許)

 

また、保育園では昼食後にお昼寝の時間、3時のおやつの時間
あるのに対して、幼稚園ではそのような時間はないです。

子どもを保育園に預けるには?

最近では、幼稚園に預けるよりも保育園に預ける方が難しくなってきています。

保育園に預けるには、保育の必要性の認定(支給認定)が必要になります。

(支給認定って何?)
どういうことかというと、育てる親の収入、家庭環境などを申し出て、
必要時間に応じて、保育標準時間と保育短時間のどちらかの認定を受けるということです。

認可外保育園(無認可保育園)に入園する場合、認定は不要です。

最近では、共働きの家庭が増えてきているのですが、
保育園の定員がいっぱいになってしまっているために
保育園に預けたくてもなかなか預けることができない。

待機児童が増えている という問題がありますね・・・

秋、冬の時点で「30人待ちです」と言われたというケースもあるみたいです・・・

 

保育園入園申し込み書類を書く時に大事なのは、
保育に困っている現状を正しく書くことです。

「この保育園に入りたい」という嘆願よりも、
「仕事の育休が延長できない」「祖父母が県外にいるため保育は頼めない」など

具体的な事実を書いたほうが良いと思います。

第一希望の保育園に入ることができなくても
ほかの園に空きがある場合もあります。
第一希望だけでなく、第二希望、第三希望も考えておいた方が良いでしょう。

 

どちらの方が良いのか?

ここまで保育園と幼稚園の違いについてお伝えしてきましたが、

「では結局どちらの方が良いの?」

子どもを預けることに関して言うと、
家庭環境や育て方や、教育方針、その家庭に合った形でどちらか選ぶべきだと思います。

 

働くということに関しては、
私は保育園、幼稚園とどちらも働いてきて、どちらもそれぞれ良さはあります。
また、大変だなと感じることもそれぞれあります。

まず保育園は、子どもが朝から夜まで保育園にいるので、
提出しなければならない書類や作り物などにかける
時間が確保しにくいです。
その代わり幼稚園に比べると書類が少ないですね。

幼稚園は保育園よりも、教育面での保育が多いので、
活動記録や成長記録など、必要な書類が多いように感じます。

ですが幼稚園は子どもたちが昼過ぎには帰るので
その後事務室でゆっくりと書類に当てる時間が確保できます。

しかし、子どもがいない分、他の職員との交流時間が多いです。
同僚とのコミュニケーションが上手にできないと、少し大変かもしれません(笑)

 

そして一番の違いだと感じるのは
幼稚園には夏休み、冬休みがあります。職員もあります。

子どもたちと同じように毎日は休みではないですが、
当番制での出勤なので長期休みがあるのは魅力的だと感じますね( ´∀`)

 

私は今働いている保育園が自分にあっていますし、楽しく働くことができています。

色んな園を経験するのも良いと思います。
何より自分が楽しく働ける場所が一番だと思いますよ^^