未分類

保育士の人間関係。解決策は自分自身です【辞めるつもりで関わろう】

現役保育士の気持ち
「保育士をしているが、職場での人間関係に困っている。どうすれば良い関係をつくることができるの?人付き合いが上手になりたい。」

 

 

 

こんな悩みを解決します。

悩んでいる保育士の行動(私もしていた)

人間関係の悩みを誰にも相談できない。

どうしようも出来ず、とりあえずネットで検索してみる。

どの情報も当たり前のことしか書いてない。
(コミュニケーション取れとか。挨拶をしようとか。)

そんなことはわかってるんです〜(T ^ T)

結局悩みが解決できないまま、また次の日仕事にいく。

また人間関係で病む・・・

このような魔のルーティンから向け出しましょう。

現役時代はめちゃくちゃ悩みました。
でも、今となれば解決策は簡単なことだったと感じます。

私の実体験を含めて解説していきます。

保育士の人間関係。解決策は自分です。

保育士になったら必ず悩む人間関係。

先輩保育士との関係
保護者との関係

など、様々ですよね。

そもそも、子どもが好きで保育士になったのに、
悩んでいるのは大人との関わりばかり。

一番の解決策は、自分のマインドを変えることです。

なぜなら、20歳を過ぎた他人の性格を変えることは難しいからです。
というか、ほぼ不可能です。

相手が子どもだったら、保育士の言葉掛けで考えや性格を変えられます。
だからダメなことはダメ良いことは良いと教えることは大切です。

しかし、大人は変えられない。
嫌味を言う人はずっと嫌味を言う性格なのです。

具体的なマインドコントロールの方法

不愉快な絡まれ方をされたら、こう思いましょう

・アドバイスとしては聞き入れる。自分にプラスになるから。
でもこういう言い方しかこの人は出来ないんだな。かわいそうに。
・もしかしたら、嫌味を言いたいわけではなく、
この話し方はこの人の癖なのかも・・・
・もしかしたら、普通にアドバイスしたいだけなのかな。

こう考えるとイライラしないですよね。

相手の性格は変えられない。
できるだけ関わりたくなくても、保育士をしている以上は
関わらないといけないですよね。

だったら自分の受けとり方を変えましょう。

私は今まで沢山の大人と関わってきて、これは本当につくづく感じます。
男性も女性も同様。
保育士に限らず、長年にわたって生きてきた考え方や性格はなかなか変わりません。

大事なのは自分のマインドをいかにコントロールできるかです。

精神論のような話をしていますが、積極解決策はこれに尽きます。

あともう一つ、私がしていた解決策をお伝えします。

辞めるつもりで関わろう


どうしても我慢できないのならば、辞めるつもりで関わりましょう。

自分が何年先まで働くのかを決めておくということです。

そうすれば、あと何年の我慢だ!何ヶ月かの辛抱!と思って頑張れます。
その何年かの間で、あなたが苦手としている保育士が退職するかもしれません。

色んな職業を比べても、保育士は段違いに職員の入れ替わりが激しいです。
結婚や転職で退職する保育士はたくさんいます。

私の経験談

保育士を今年いっぱいで辞めようと決意。
最後の1年間はそれまでよりも楽しめた。
イベントごとも大変だけれど、今年で最後!と思って頑張れた。
むしろあんなに嫌いだった先生が、辞める時にはそんなに嫌いでもないかも?と感じた。
これは、自分の心に余裕ができたからだったと思う。

学校の卒業式を想像していただけたら分かると思います。
大嫌いだった先生や苦手だった友達が、なぜかいい人に見えたりしますよね。

保育士を経験してきたという事実は、割とどこに行っても自慢になります。

一度現場で経験しておけば、
また子育てが終わった頃に保育士復帰したくなった時にも有利です。

今どうしてもつらいのならば、思い切って辞めてしまいましょう。
すぐには辞めるのができないならば、
あとどのくらい働くのかを決めて、
その後の未来を考えるようにしましょう。

私は保育士を辞めて色んな仕事をしてきましたが、
中でも特にキャバクラでは、
保育士のエピソードはめちゃくちゃ話のネタになりました(笑)

保育士資格を持っているだけでも、
将来仕事に困ることはない。と安心もできます。

だから、今のうちに色んなことに挑戦しよう!という気になります。

ぶっちゃけ、保育士はいつでも出来る仕事だと思います。

実際に私が働いている保育園にも、
半分趣味感覚で楽しそうに働いているおばあちゃん先生がいました。

保育士は何歳になってもできるのです(´∀`)

なので、今の状況がつらいのなら、辞める期間(頑張る期間)を決めて
一旦保育士から離れるのもオススメです。